人は、というか動物はなぜ眠るのでしょう?

身体の休息だけでなく、脳の休息のために大切なのが睡眠



身体の疲れは、横になって身体を休めることで回復します

脳が深い眠りに入ると、成長ホルモンが分泌されます

この成長ホルモンが、新陳代謝を促し、皮膚・骨・筋肉を成長させ、傷ついた身体を修復する働きを促します



脳は目が覚めている限り休むことはありません

しかも寝ている最中も完全に休むことはないのです

そのため、身体の活動を押さえて脳を休ませることが必要です



このように動物が生きていく上で必要な「回復」を司るのが睡眠なのです